2015年 09月 23日
宇佐神宮六郷満山霊場巡り
お遍路の旅、しばらく休んでいたのですが
国東半島の霊場を巡るツアーが催行されるということで
さっそく出かけました。

~神仏習合発祥の地 仏の里・国東~
宇佐神宮 六郷満山霊場巡り

宇佐神宮六郷満山霊場は、宇佐八幡神の化身といわれる仁聞菩薩によって、今をさかのぼること約1300年前に神仏習合の原点となる山岳修行の場として開かれたと伝えられています。仁聞菩薩の足跡が今日まで脈々と受け継がれてきたこの霊場には、国の文化財級の仏教建築や、仏像、磨崖仏をはじめ、名もない石塔や野仏、六郷満山を包む奇岩、奇峰の中で、修験者達により絶えず行われてきた峯入りなど、有形・無形の文化財が溢れています。
(ツアーパンフより)

一回目は

1番 宇佐神宮(国宝)

全国八幡様の総本山で、神興と神仏習合の発祥地。
伊勢神宮に次ぐ宗廟で、出雲大社と同じく二拝四拍手一拝を作法としている。
今回は特別に昇殿参拝ができた。

d0086828_1937622.jpg

2番 宇佐弥勒寺

宇佐神宮正参道の西側が境内跡。

d0086828_19381097.jpg


4番 富貴寺(国宝)

平安時代に宇佐神宮大宮司の氏寺として開かれた由緒ある寺院。
富貴寺大堂は、宇治平等院鳳凰堂、平泉中尊寺金色堂と並ぶ日本三阿弥陀堂のひとつ。
特別に先祖供養をしていただく。

d0086828_19383280.jpg


21番 文殊仙寺

日本三文殊のひとつに 数えられる。「三人寄れば文殊の知恵」の発祥の地と称している。
特別に護摩祈願をしていただく。

d0086828_19384775.jpg

[PR]
by koyomi72 | 2015-09-23 19:37 | TOPに戻る


<< 文化祭 栗東へ >>